一条工務店 2005年11月
平成17年度 地球温暖化防止活動 環境大臣表彰受賞
一条「夢の家」が、環境省主催による
『平成17年度 地球温暖化防止活動 環境大臣 表彰《対策技術導入・普及部門》』を受賞いたしました。
受賞の理由は“次世代型省エネルギー基準を凌駕する性能を有し、
複雑な断熱・気密工事を合理化して安定した気密性能と高い断熱性能を持つ
住宅建設を可能とする木造住宅を導入。製品を広くアピールし、普及促進して住宅民生エネルギーの抑制、
地球温暖化対策活動を実施している”というもので、この高い評価が今回の栄誉となりました。
一条工務店では、創業以来、日本の気候風土に最も適した木造住宅の可能性を広げ、
健康的な住環境づくりとともに、高気密・高断熱による省エネルギー性能の向上を追求しています。
一般に「次世代型省エネルギー仕様」へのグレードアップには建築単価が6〜10万円/坪上昇しますが、
一条「夢の家」では生産技術の革新や部材調達の合理化により、
坪あたり僅か2万円プラスという低価格を実現。高性能住宅のさらなる普及促進を可能にしました。
私たちは今回の受賞を大きな励みとし、今後より一層の努力を重ねていくことによって、
人と地球にやさしい住まいをお届けしていくことをお約束いたします。
環境大臣表彰状
 
(左から)小池環境大臣(当時)、元弊社代表取締役社長 山本
省エネルギー性能の向上
「夢の家」は冷暖房負荷を軽減してエネルギーの大幅な削減を目指した、国際水準をゆく高性能住宅。その性能は次世代型省エネルギー基準を凌駕し、45.9%ものエネルギー削減効果を確認しました。これにより民生エネルギーの抑制による省エネルギーの実現、それに伴う地球温暖化対策への貢献が期待されます。
「夢の家」のモノコック構造
「夢の家」のモノコック構造
高性能・高品質の追求
一条「夢の家」は、家自体の性能が極めて高いことに加え、高性能化にかかわる部材の主要部分を提携工場で生産、快適な居住性および省エネルギー性能を高めるための複雑な施工プロセスを合理化しています。さらに、自社による厳密な施工管理によって、卓越した断熱・気密性能と安定した高品質を実現しています。
普及促進への努力
一条工務店では、部材調達の合理化や建材の一括生産によりコスト増を最小限に抑制。高性能断熱材や高価な樹脂サッシを標準仕様としながらも、坪あたり僅か2万円プラスでのご提供を可能にしました。今後も、「夢の家」の卓越した省エネルギー性能をアピールすることにより、積極的な普及促進をはかっていきます。
断熱材(ポリスチレンフォーム)
断熱材(ポリスチレンフォーム)
樹脂サッシ
樹脂サッシ
環境保全への貢献
「夢の家」は発売以来3年間で8,000棟を建築。この戸数を「公庫基準金利適用住宅」として供給した場合と比較すると、そのCO2排出削減量は「5.3万トン」に及ぶことを検証しました。昨今の省エネ住宅ニーズに応える「夢の家」は、今後一層の普及が可能であり、地球温暖化防止効果の拡大にもつながると考えます。
ウインドウを閉じる