一条工務店 2005年8月
弊社住宅におけるアスベスト(石綿)の使用状況、安全性について
 新聞・テレビ等で取り上げられておりますアスベスト(石綿)に関しまして、一条工務店の住宅にお住まいのお客様や一条工務店でお住まいをご検討されている方々にご安心頂く為に、ご報告をさせて頂きます。
■現在使用している建材について
現在、一条工務店で販売しております住宅においては、アスベストを含有する建材を使用しておりませんので、ご安心ください。今後も安心してお住まい頂ける家づくりに邁進致します。
■固定化されたアスベストは飛散しませんので、人体への影響はありません
保温、耐火、防音に優れた性能を持つアスベストは、過去、弊社で扱っていたものを含めて、一般住宅用各種建材にも広く使用されておりましたが、それらは、成形板と呼ばれる「非飛散性」の建材であり、アスベストはセメント等で固定されている為、日常生活の中で空気中に飛散することはないと考えられております。アスベストが人への影響をもたらすのは吸入によって体内に取り込まれる場合ですので、空気中に飛散することがない状態では人体への影響はありません。なお、天井や壁などの断熱材として使用されるグラスウールは、ガラスを材料としたもので、アスベストは含有しておりませんので、ご安心下さい。
【弊社における主なアスベスト含有建材の使用状況】
建材使用箇所使用期間
サイディングボード外壁・軒天〜1989年(平成元年)
ケイ酸カルシウム板軒天〜1992年(平成4年)
彩色スレート屋根材〜2002年(平成14年)
■解体・改修時のご注意点
アスベストの飛散が懸念されるのは、アスベスト含有建材の解体・改修時です。
この時は、作業者の安全に留意することが必要になり、飛散防止措置等、各種法令に則した作業方法が求められますので、必ず弊社(あるいは専門業者)にご相談頂きますようお願い申し上げます。
■お問い合わせ
その他に関するお問い合わせにつきましては、ホームページのお客さまご意見/ご相談窓口にて承ります。
お気軽にお問い合わせ下さい。
ウインドウを閉じる