一条工務店お問い合わせ先一覧

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • ENGLISH


Q&A 夢の家I-HEAD構法について

高気密・高断熱
Q.
高気密・高断熱住宅は、温暖な地域には必要ないのでは…?
A.温暖地といえども、冬は氷点下の寒さになります。
高気密・高断熱住宅と いうと「寒冷地の家」というイメージが強くあります。しかし日本では、暖かい地域(たとえば宮崎県など)でも冬は氷点下の気温になることもあります。住宅 の高気密・高断熱化が進み、家の中が暖かい北海道よりも、むしろ温暖地域である宮崎や鹿児島の一般的な住宅のほうがヒートショックの危険性が高いというこ とも、高気密・高断熱住宅の必要性を物語っています。高気密・高断熱住宅なら、全館の「温度」「湿度」「空気」が管理できるようになります。夏は蒸し暑 く・冬は乾燥して寒いという日本の過酷な気象条件下にあっては、どこの地域においても高気密・高断熱住宅が必要であるといえます。
Q.高気密・高断熱住宅は、夏は余計に暑くなりませんか?
A.外部の熱を室内に伝えないので、夏の暑さも抑えることができます。
高気密・高断熱住宅 は、冬の外気の冷たさを室内に伝えないのと同様に、夏は外の暑さを室内に伝えにくいのです。したがって、寒冷地はもちろん温暖地域まで、どの地域にも、一年を通してメリットがあるといえます。夏の太陽の日射を受けると屋根の表面温度は目玉焼きができるほどに上昇します。一般の住宅の場合、その熱がふく射熱 として屋根裏から室内に入ります。「夢の家_I-HEAD構法」では、2階天井に145mm、壁に120mm(一部タイプを除く)の高性能断熱材EPS、 窓に複層Low-Eガラス付樹脂サッシを使用し、外部からの熱を伝えないと同時に内部の室温を安定して保つことができるのです。
Q.気密性が高いと、どんなメリットがありますか?
A.住まいの空気を管理しやすくなり、快適な環境づくりができます。
家の隙間が大きけれ ば、湿気や寒気・熱気・騒音・花粉・虫・ホコリなども自由に出入りしてしまうため、快適な空間をつくることが難しくなります。しかし、住宅が高気密になる ことで外気の影響を受けにくくなります。そして、家の中の湿度などをコントロールしやすくなり、快適な環境を保てるのです。隙間の多い家ではどんなに立派 な換気システムも能力を出し切れません。計画的な換気を行うためにも、住まいの気密性を高めることは必要不可欠といえます。
Q.家の中に虫が入ってこなくなると聞きましたが?
A.隙間がほとんどないため、小さな虫もシャットアウトします。
住宅を高気密にすることで、隙間がなくなりますので、ほとんど虫が入ってくることはありません。玄関や網戸などの開け閉めの際に注意をすれば、健康にあまりよくないといわれる殺虫剤や蚊取り線香などを使用する必要もなくなります。
Q.夜ぐっすり眠れるといいますが、なぜでしょうか?
A.ひと言でいえば、高気密・高断熱住宅は「ストレスの少ない家」だからです。
高気密・高断熱住宅に お住まいになると、自動車の音など、外の騒音は小さくなり、温度・湿度とも、快適な状態にコントロールすることが可能です。また人間は寝ている時に、最も 細胞の新陳代謝が活性化し、多くの酸素を必要とするといわれます。高気密・高断熱住宅に設けた換気システムによって、常に一定の新鮮な外気が供給され、十 分な酸素を吸収することができるので、さらに快眠を促すというわけです。
施工の自由度
Q.
凹凸のあるプランや出窓は、高気密・高断熱住宅では無理と聞きましたが?
A.「夢の家_I-HEAD構法」なら問題なく施工できます。
確かに、凹凸が多いプ ランや出窓は断熱性能の点で不利といわているようです。とくに外断熱工法では、断熱材を現場で施工するため、変化のある外観や出窓には対応しにくく、施工 業者のほうから「複雑なプランは無理」と釘をさされるケースが多いといいます。しかし「夢の家_I-HEAD構法」では高気密・高断熱パネルの加工までを 工場で一貫生産することにより、変化のある外観プランの場合でも気密・断熱を確保して、性能を発揮することができます。また、出窓も工場段階で断熱施工を 施したユニット出窓を使用しています。こうした点は、他の高気密・高断熱住宅にはマネのできない「夢の家_I-HEAD構法」ならではの強みです。
高性能断熱材EPS
Q.
なぜ断熱材に「EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)」を採用したのですか?
A.高性能な上に、地球に優しい材料だからです。
「夢の家_I- HEAD構法」で採用している高性能断熱材EPSは、ビーズ状の樹脂原料に炭化水素系の発泡剤を封入し、予備発泡させた後に加熱・再発泡させてつくられて おり、フロンも代替フロンも使用しておりません。またリサイクル可能な材料でもあります。たとえば、ビデオテープの樹脂部分などは、EPSの再生で作られ ており、地球に優しい材料であるといえます。さらに難燃処理を施すことや、防腐・防蟻処理に関しても対処することができる点も「夢の家_I-HEAD構 法」で採用した大きな利点です。
Q.EPSは火災の時には安全ですか?
A.安全です。燃えにくく加工され、有毒ガスも出しません。
「夢の家_I- HEAD構法」の高性能断熱材EPSは一般的に使用されているEPSとは違います。難燃剤が樹脂に添加されているため、引火する前に溶解する特性を持って います。また、ダイオキシンは炭素、水素、塩素が反応して生成される物質です。EPSは炭素、水素で形成されており、塩素を含まないため、単独で燃やして もダイオキシンは発生しません。有毒ガスも発生しませんので、万が一の火災の際でも、ご安心いただけます。
暖房器具・換気システム
Q.
以前使っていた開放型ストーブは使えないのでしょうか?
A.はい、残念ながら使えません。
開放型ストーブは空気中の酸素を燃焼し、二酸化炭素を室内に排気します。その結果、高気密・高断熱住宅では、以下のような事例が発生することになります。

1)二酸化炭素濃度が、急激に増加してしまう。(CO2濃度が基準値1000ppmを上回る)
2)CO(一酸化炭素)が発生し、一酸化炭素中毒の危険性がある。
3)水蒸気が発生し、異常に室内の湿度を押し上げ、結露を誘発する。

このように開放型ストーブは室内の空気を汚す原因になりますのでご使用にならないでください。お奨めの暖房器具としては、床暖房、給排気機能を備えたFF式、パネルヒーターなどがあります。
Q.計画換気は、なぜ必要なのでしょう?
A.室内の空気中にCO2などが充満する恐れがあるからです。
気密性の低い従来の家 では、隙間風による自然換気が不安定ながらも行われるので、閉めきった状態でも結果的に生活はできました。これに対して高気密・高断熱住宅は、極限まで隙 間のない空間を実現するので、計画的な換気が必要です。健康的な住環境のためには、粉塵や花粉などが含まれる隙間風換気は決してお奨めできません。「夢の 家_I-HEAD構法」では徹底的に気密性を高める一方で、一定時間で一定量の空気が入れ換わる計画換気システムを導入しています。これによって健康的な 空気環境を実現しているのです。
Q.電気代も気になるし・・・。換気システムは時々切ってもいいですか?
A.いいえ。基本的には停止しないことをお勧めします。
適切な排気が確保でき ないと、室内空気がよどんでしまいますので、メンテナンス時以外は常時作動させてください。夏場でも24時間窓を開けているわけではありませんし、たとえ ばリビングだけは窓を閉めて冷房をかけることもあると思います。建物全体の風の流れを確保するためにも、排気ファンは回しておくことをお勧めします。夢の 家Ⅳの換気システムは省電力タイプですから、電気代は45坪の家で1日約33円で済みます。
Q.天気の良い日などは、窓を開けて過ごしてもいいですか?
A.年間を通じて、窓の開閉は最小限にとどめましょう。
換気システム作動中に 窓を開けて過ごされても、とくにシステム上の問題はありませんが、窓を開けると、当然のことながら花粉や粉塵、湿気、熱気、冷気などが入ってきますので、 空気環境は悪化してしまいます。やはり年間を通して窓の開閉は最小限にとどめ、高性能フィルターを通過したきれいな空気で過ごされることをおすすめしま す。

↑ PAGE TOP

Q&A
企業について
住宅展示場について
夢の家I-HEAD構法について
外内ダブル断熱工法について
一条ハイブリッド免震構法について
天然木・素材へのこだわりについて
テクノロジーについて
保証・アフターサービスについて
新卒採用サイトへ
キャリア採用サイトへ


  • カタログ請求
  • メールで無料設計受付中
  • リアル体験会開催中!
  • 海外からのお問い合わせ

動画で見て、楽しめる!ichijo.tv放映中!

  • よくあるご質問